山梨県富士吉田市にある雑貨と家具のお店 LONGTEMPS|ロンタン http//www.longtemps.jp


CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< R&D.M.Co-いろいろ | main | R&D.M.Co- 限定ギンガムトートLLサイズ >>
三谷龍二さんのバターケース入荷
 昨夜は、河口湖の花火大会(湖上祭)を反対岸の河口方面から、人混み逃れてゆっくりゆったりと堪能しました。

ビールや梅っ酒、おつまみを買い込んで椅子を持ち込み、なかなかのポジションを陣取って、準備万端!

ドカーンという迫力ある音とともに、夏の夜空を飾る花火に酔いしれました。

たぁまやぁぁぁあああ〜    日本の夏の醍醐味です。





さてさて、今や1年待ちは、当たり前みたいになってしまっている三谷龍二さんのバターケースが入荷しました。


 


     BUTTER CASE HALF POUND   ¥7350税込   Sold Out 

     バターケース1/2ポンド  山桜  三谷龍二作
                (バターナイフ付)






ロンタンでも思い起こせば20年、開店当初から三谷さんのバターケースを始め、時計やお皿、子供椅子、カトラリーなどなど、今ではもうお目にかかれないような数々の生活の道具も取り扱わせて頂いております。

やはりイイものは、放っておかれないというのがまさに三谷さんが作り出す木工品にいえるんでしょうね。

この20年の間に、三谷さんの知名度がぐんぐん伸びて、お客様の反応がどんどん変化していくのが目に見えて実感したのが、このバターケースなんです。


今や言わずもがな、一度は手にしたことがあるお客様も多いと思いますが、桜の木肌がやさしく、市販のバターがすっぽりと入る気の効いたサイズと、実際使い始めるとバターの油分が程よくワックス代わりとなって、乾燥を防いだり木肌に適度なツヤと潤いを与えるというのがとても理にかなっています。使っているうちに愛着が湧いて、一生大切に育ててあげたくなるような、暮らしを豊かにしてくれるバターケースなのです。

そんな深い思いもあり、私は親しい友人の結婚祝いなどにに“共に育ててね”という気持ちを込めて送っています。






ちなみに、こちら ↑ は20年物の我が家のバターケースです。桜の木がだいぶ赤く育ってきました。

当時は、BUTTERという文字が浮き彫りされていました。

その後、BUTTERと彫ってある形になって、現在の無地に落ち着いたようです。





今年二十歳を迎えた先輩(左)と、産まれたばかりのほやほやくん(右)

こんなふうに比べてみると、木は呼吸して生きているんだなぁと実感します。

そしてこれからも、年を重ねてアメ色に変化していくのでしょう。願わくば、代々受け継いでいきたいような逸品ですよね。


三谷さんのバターケースを育ててくれる方、今なら若干在庫ございますので、店頭にてお待ちしております。



 ※ 残念ながら、バターケースは完売してしまいました。
   申し訳ございません。
  



| New Arrival | 17:21 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
写真、分かりやすく、素晴らしい〜!
今や、三谷さんの個展で、バターケースを購入希望の人々で、行列が出来るらしい…
先日、ロンタンに伺った時、バターケースを見掛けたので、思わず「ここにあるじゃない!」と言ってしまいました!(笑)
20年前、初めてこのバターケースを見た時、日本で作られている物と言うことで、とても感動したのを覚えています…
| U子 | 2010/08/09 10:00 AM |
そーなんです!
ロンタンに三谷さんのバターケースがあると、「えっ?なんで???わぁぁぁ〜こんなとこにあるぅぅぅ」的な、感嘆の声が聞けますよ。(笑)
その後、また再入荷したのでかなり穴場だと思うわ。

かつて昔むかぁ〜し若かりし頃、ロンタンもこの世になかった20数年前、ファーマーズテーブルで手に入れたバターケースをU子はんにもプレゼントしたことあったね。

お店をやるなら三谷さんの作品を扱いたいなぁって思った頃なんだよね、あぁ懐かしいなぁ…(遠い目)
| longtemps | 2010/08/09 1:52 PM |
三谷龍二さんのバターケースは今でも注文予約ができますか?
もし注文できれば是非お願いしたいのですが。
〒422−8005静岡県静岡市駿河区池田1627−1
白井純子 090−9895−7699
連絡はメールでも携帯でもどちらでも結構です。
| 白井純子 | 2015/09/25 11:10 PM |
白井純子様

古いブログの記事をご覧頂きコメントありがとうございます。
三谷さんのバターケースはとても魅力的でずっとお店でご紹介したかったのですが、今後入荷することは残念ながらなくなってしまいました。三谷さんご自身がお年を召されてきたことやバターケースや時計などの受注分だけでとてつもない数になってしまったことなどでお店への卸を数年前かたされなくなってしまいました。どうぞご理解のほどよろしくお願いします。
松本にある三谷さんのギャラリーや、展示会などでの販売は少量ながらあるようです。なかなか手に入れることは困難になってしまいましたが、いつの日かご購入できるとよいですね。
| longtemps | 2015/09/26 10:52 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://zakka.longtemps.jp/trackback/29
トラックバック